スケートリンクはじめてガイド

はじめてガイドその1 スケートに行こう!

まず、用意するものは手袋、靴下、長袖の服、長ズボンです。スケートリンク内の温度は夏で15度、冬なら3度ぐらいです。季節に合わせた服を選びましょう。
ヘルメットは無料で借りられます

はじめてガイドその2 名古屋スポーツセンタースケート場に着いたら

入り口は2階です。まずは、チケットを購入します。チケット売り場では、滑走券、または靴付滑走券を、滑らない方は付添入場券を購入しましょう。入り口を入って右側に貸し靴コーナーがあります。貸し靴の種類はフィギュア用とホッケー用の2種類。初心者の方はフィギュア用がお勧めです。靴のサイズは交換できますので、自分に合ったものを借りましょう

はじめてガイドその3 スケート靴はどうやって履くの?

スケートは1本の刃(ブレード)の上に真っ直ぐ立たないと上手に滑れません。そのために、靴ひもは強めに結びましょう。 かかとを靴の後ろに付けて、フックの部分もひもを強く引っ張りながら、掛けていきます。足踏みが出来そうかどうか、足首がぐらつかないように足踏みが出来るか確認しましょう。手荷物や履いてきた靴などはコインロッカーに預けるなどして管理しましょう

はじめてガイドその4 滑る前に

まずは、準備体操をしましょう。手首や足首などのストレッチもしておきましょう。体の下で、足の裏全体で足踏みをしてスケート靴に慣れましょう。リンクマナー、スケート場のルールを確認して、楽しく滑りましょう。

はじめてガイドその5 どうやって滑るの?

まずは、準備体操をしましょう。手首や足首などのストレッチもしておきましょう。体の下で、足の裏全体で足踏みをしてスケート靴に慣れましょう。リンクマナー、スケート場のルールを確認して、楽しく滑りましょう。

氷の上での足の動き

スケートで滑るしくみ

ページトップへ

スケート

  • 一般のご利用
  • ちびっこリンク
  • 団体割引料金
  • スケート教室
  • はじめてガイド